かしこい餌の与え方

水替えと同時にらんちゅうの飼育で迷うことは餌の与え方です。私自身もこればかりは難儀をする日々で、餌のやりすぎで死なせてしまったこともありました。いろいろと試行錯誤していく中でわかったことは餌の与え方を決めるために、水の状態・天候・魚の状態の3つの要素を組み合わせて餌の量、回数などをコントロールしていくということでした。毎日の観察が必要になってきますが、この3つの要素を頭に入れて決めていくと、調子が悪くなるということはほとんどなくなりました。ここでは基本的なかしこい餌の与え方としていくつかパターンを例示しましたので参考にしてみてください。また稚魚への餌の与え方はまた方法が異なりますので次のページにて詳しく解説しています。

餌の与え方のポイント

水が綺麗で天候・水温も安定している日が続く時

咲きひかりに代表する固形餌料をメインに与えています。午前中は咲きひかり・午後から赤虫!この組み合わせが一番よく安定してくれます。
魚が餌を欲しがっている時は固形餌料を多めに与えてやるとよいでしょう。

水が出来て少し青い・天候が良く水温も安定している

水が綺麗なときに比べ病気の発生率が少し上がるので固形飼料は控えめにして頂き、赤虫をメインで与えて欲しいです。
朝一番は咲きひかり・午後から赤虫という反対の組み合わせがお勧めです。
魚が餌を欲しがっている時は赤虫をメインにして与えます。

水が新しく天候が悪い(雨)水温も低い

こんな時期は冷えによる病気にかかりやすくなり、ある意味怖い日々となります。
前日との水温差が大きい場合は餌なし・赤虫1回だけといった感じで控えめにすることが必要です。 特に午前中の餌は避けてお昼頃に様子を見ながら与えるのが良いかと思われます。 基本的に餌は控えてください。 魚が餌を欲しがっている時も若干不憫に感じますが与えない選択もありです。どうしてもほしがる場合は赤虫程度にとどめておきましょう。

水は青い・天候が悪い(雨)水温も低い

こちらは急激な冷えは避けられると思いますが引き続き注意が必要! 固形飼料は控えめにして頂き、赤虫をメインで与えてみてください。午前、午後は関係なく一日2回・3回に分けて少量にした方が無難です。 魚が餌を欲しがっている時も赤虫だけにしておきましょう。

おすすめらんちゅう専門店

三共組
三共組 らんちゅう

私もちょくちょく購入させてい頂いているらんちゅうのネットショップです。品評会で賞歴もある様々な愛好家のらんちゅうが定期的に入荷しています。価格も手頃なものが多く、購入後に飼い方の疑問やらんちゅうの病気のことについて質問しても丁寧に返事を書いてくれて助かっています。初めての人でも敷居が低いお店ですね。おすすめです。